インバウンドマーケティングで

歯科医院の集患を   

お金をかけずに仕組み化!

 

『明日の集患に困らなくなる』1dayセミナー ver.2

 

 

インターネット集患を無視はできない

 

多くの人々がスマートフォンを持ち、無料のWi-Fi環境が整備されていつでもどこでもインターネットにアクセス可能になった現在、歯科医院の患者を集める手段として、インターネットの活用はもはや必須です。

 

現状で最も一般的な手法は、歯科医院のホームページに対してリスティング広告(PPC広告)をかけるいうものでしょう。

 

他にも、予約サイトに登録をしたり、まとめサイト・紹介サイトの有料スペースに出稿したりなどが主な手法になりますが、どれも「より有利な条件で集患しようとするほど広告料がかさむというスキームになっています。

 

そうなるとより有利になるのは、広告料の予算を大きく確保できる大規模歯科医院や、年商の大きな歯科医院ということになります。中小規模の歯科医院では資金的面がネックとなって太刀打ちができないからです。

 

情報化社会の発達が歯科医院の二極化を進めてしまったという見方をする専門家もいます。変化の早いインターネットの世界では多くのノウハウやツールが無数に産まれますが、資金力が最終的にものをいうようなスキーム・ノウハウ・ツールは大規模の歯科医院などが運用し始めた時点で、資金力に限界のある歯科医院にとって効果的ではなくなっていくのです。

 

そうはいっても、患者となる人々の行動がインターネットと切り離せなくなっている以上、我々のような中小規模の歯科医院が集患にインターネットを避けて通ることはできません

その結果、常に『新しい手法』『魔法のアイテム的なノウハウ』を模索し続けなくてはならなくなっているというわけです。

 

 

毎回最初から仕込み直し・・・?

 

新しい手法やノウハウを取り入れるたびに毎回仕込み直すのは、あなたのように忙しい院長にとっては苦痛以外の何物でもありません。しかし、「集患」という生命線の維持のためには背に腹は変えられないというところですよね。

 

ましてやそれがスタッフにも大きな負荷がかかるようなものとなると、その反発を沈静化する苦労までしなくてはなりません。

 

もしここに、資金力のある大規模な歯科医院とも互角に患者にアプローチできる手法があったならどうでしょう。

仕込んだ手間や時間が資産となって後々まで役に立ってくれるとしたらどうでしょう。

そして細かい、新しいノウハウを追いかけなくても、大局的な観察と行動で十分となったらあなたの集患にのための苦労はどれだけ軽減するでしょうか。

 

 

インバウンドマーケティング

 

ここでお勧めしたいのが『インバウンドマーケティング』の考え方です。「インバウンド」の意味するところは、【患者の方から我々歯科医院側にアプローチしてもらう】ということになります。

 

これまでの、「インターネットネット広告で患者の前にあなたの歯科医院の情報を差し出す」
「(紹介的に)あなたの歯科医院の情報を前に出す」というような【歯科医院側から患者に情報を押し付ける・働きかける】方法とは逆の手法です。(こちらはアウトバウンドマーケティングと呼びます。)

 

『インバウンドマーケティング』ではブログ、メルマガ、SNS、Googleなどから、患者にあなたの歯科医院の情報を“見つけてもらう”ことを目的としています。つまり、患者の「積極的な姿勢」に応える形で患者に情報を自ら獲得してもらうのです。

 

インバウンドマーケティングでは上記のツール以外でも、様々なツールやノウハウを上手く組み合わせて、自動的にお客さんが集まってくる仕組みを作り上げていきます。これまでの、広告費に際限なくお金が必要になる手法(アウトバウンドマーケティング)とは違い、お金をかけなくても患者にアプローチができます。

 

しかも、少ない人員でも十分に取り組みが可能です。あなたが信念を持って治療に取り組んでいるのであれば、人員や予算の大小に関係なく、どなたでも患者メッセージを届けることができるのです。

 

インバウンドマーケティングは単に真新しい概念ではありません。マーケティング大国であるアメリカではすでに普及が進んでいます。しかし日本においては一般企業でもインバウンドマーケティングを取り入れている企業はそう多くはありません。

 

歯科医院ではなおさらです。取り入れている歯科医院はほとんどありませんし、知っている歯科関係者もごくわずかです。

 

しかし、インバウンドマーケティングは間違いなくこれから日本でも普及していきます。歯科業界でも後追いで普及して行くことでしょう。なぜなら、情報化社会であることを前提とした概念であり、その情報化社会は今後もますます発達していくことが確実だからです。

 

先行するメリット

 

今ならまだ、ライバル歯科医院に先駆けて取り組み始められます。インターネットの世界では、早く始めたほうが断然有利なことはもはや常識です。

 

先ほど話したように、仕込んだ手間や時間が資産となって後々まで役に立ってくれるわけですから、早く始めるほどたくさんの資産が積み上がります。後から取り組んだ歯科医院が追いつくためには、あなたが積み上げた資産の分だけ仕込みの手間や時間が必要になります。これに加えて、競合が存在しないことで市場を独占・寡占できる『先行者利益』もあります。

 

どうせいつかは取り組むことになるのなら、少なくともその知識だけでも今のうちに身につけておいて、少しずつでも仕込み始めることが肝要というものです。

 

また、インバウンドマーケティングでは何か1つのノウハウやツールに頼ることなく、様々なメディアや既存の仕組み、アプリやツールなどを組み合わせて構築していきます。根本の概念は変わりませんが、使用するツールやノウハウなどは時とともに変化していきます。

 

現在より便利なツールが開発されれば組み込むもよし、時代にマッチしなくなったアプリは使用を停止するのもよしです。現在でも仕組み化しやすいツールが揃っていますし、一部は自動化することもできています。今後もさらに手間いらずに進化していく可能性が高い・・・

 

ですからインバウンドマーケティングによって今後さらに、手間も、時間も、お金も、大きくかけることなく歯科医院の集患ができるようになっていくことでしょう。

そしてその時には導入のハードルは下がり、利便性と費用対効果が上がることになりますから、多くの歯科医院がインバウンドマーケティングを導入することになります。

 

インバウンドマーケティングにはいくつかのレベルがあって、ゼロからマスターレベルまで一気に構築するのはそれなりに負荷がかかります。ここには院長自身の手間や時間というようなお金ではどうにもならない要素も含まれています。

 

今から先行しておけば、インバウンドマーケティングがブレイクした際にもアドバンテージを保ち続けることが高い確率で可能になります。

 

 

導入して得られるものは・・・

 

あなたの歯科医院で習慣にインバウンドマーケティングを取り入れると あなたを取り巻く状況はどう変わるでしょうか?

 

1540_32 新規患者が安定して来院するようになる

1540_32 あなたに共感・賛同してくれる患者が増える

1540_32 ドタキャンや無断キャンセル・中断などが減る

1540_32 売上総額が増える

1540_32 自費診療や高額診療を受諾する患者が増える

1540_32 メインテナンスを守る患者が増える

1540_32 院内の雰囲気が良くなる

1540_32 あなたの意向が歯科医院経営に反映されるようになる

1540_32 長期的なビジョンがより現実的になる

1540_32 歯科医院経営が楽しくなる

 

インバウンドマーケティングによる集患はただ患者を増やすだけでなく、良質であなたのことを理解しようとしてくれる患者を増やすことになります。それに伴って経営の指標となる数値も伸びていくことになります。

 

あなたが気持ち良く診療をして、そのこと自体が患者に支持され、しかも経営的に順調に推移していく状況を思い浮かべてみてください。
あなたにどれだけの変化が訪れるでしょうか。

 

 

インバウンドマーケティングを始めるには・・・

 

インバウンドマーケティングは『患者から歯科医院の情報を見つけてもらい、アプローチしてもらう』手法です。まずは「患者の来院に繋がる仕組み」を備えた『集患のためのブログサイト』を作成します。

 

インバウンドマーケティングでは大量のコンテンツを用意する必要があります。コンテンツとは、患者が必要としている情報を文章や動画、音声、静止画などでまとめたもの・説明したもののことです。

 

コンテンツがたくさんあればあるほど、インターネットの検索で『見つけられる』可能性が
高くなります。その大量のコンテンツを掲載するツールとして最も適しているのがブログです。ブログサイトには先ほど挙げたような種類のコンテンツ素材をすべて掲載することができます。

 

インバウンドマーケティングで大切なのはブログサイト単独で集患をしようと思わないことです。患者が来院するまでの流れを複合的に構築していくことを目指します。

具体的にはあなたのホームページ以外にも人々が集まるコミュニティを作って、そこからあなたのブログサイトへと誘導する道筋を整えるのです。

 

ホームページを直接見つけてもらうだけでなく、コミュニティのテーマから辿ってもらったり、コミュニティの中の話題から辿ってもらったりして、あなたのブログサイトを見つけてもらいます。

 

コミュニティやそこでの話題からブログサイトへのリンクを設置しておけば、コミュニティに人が集まるようになることであなたのブログサイトにも人が集まるようになるのです。

 

つまり、あなたのブログサイトを中心として、様々なコミュニティを連結することでたくさんの患者にあなたやあなたの歯科医院の情報を見つけてもらうのです。

 

 

発展性があります

 

たったこれだけのことでインバウンドマーケティングを始めることができます。ただしそれは初心者レベルのことになります。インバウンドマーケティングを歯科医院に導入する際にはさらに、中級、上級、マスターレベルの仕組みやノウハウが存在します。

 

患者の行動心理に基づいた仕掛けを加えたり、今後想定される医療広告規制の強化への対処をしたり、マーケティングそのものの基礎的なノウハウを絡めたりしてレベルを上げていくことになります。もちろん『自動化』も進めていくことになります。

 

レベルを上げておくことでなんらかのアクシデント、例えば、Googleが検索アルゴリズムを大きく変更したり、厚生労働省の局長通達などで突然何かが規制されたりしても、迂回経路や代替えの道を備えることができます。

 

 

従来の手法だけでは・・・

 

現在でもGoogleやYahooに広告を出稿しようとすると、相当厳しい審査があってかなりの割合で修正を求められます。医療機関のホームページガイドラインによって、内容も客観性にある事実しか掲載しないよう通達がされています。現在はまだ法的な拘束力はありませんが、2018年6月には医療法の一部が改正されて法的な拘束力のある規制が施行されることになっています。

 

その詳細については明らかにされていませんが、楽観視できないことだけは各方面から漏れ伝わってきています。広告する場合はもちろん、広告をしない場合でもホームページにはそれなりの法的な規制がかけられることになるでしょう。

 

あなたの歯科医院の集患がこのような従来の方法のみに頼っているとする、場合によっては激甚災害クラスの被害が出ます。実際に数年前に行われたGoogleのアップデートで、必ず1ページ目に検索表示されていた歯科医院が30ページ以上も下位に落とされた例を知っています。

 

インターネットの世界は新陳代謝も早いものです。新しいトレンドを見極めるとともに、変化に対する備えも今後は重要性が増すことでしょう。

 

インバウンドマーケティングはインターネットに特化した概念ではなく、仮にインターネットが消滅したとしても有効な考え方です。それをインターネット上で歯科医院の集患向けに展開して行こうというのが今回の話の趣旨になります。

応用の幅が広いのであなたの歯科医院経営を長きに渡って支え続けてくれることでしょう。

 

このように一見雲をつかむような話ですが、実はかなり重要な位置付けであるインバウンドマーケティングですがきちんと順序立てて教えてくれる機会がほとんどありません

 

私自身、スモールビジネスの社長向けの講演の一部をヒントに自分の歯科医院で試行錯誤して練り上げました。こうして練り上げたインバウンドマーケティングによって安定した歯科医院経営の礎を築けたことが私の歯科医院を大きく押し上げてくれたのです。

 

 

参加してください!

 

この手法はごく一部の上位クライアントだけにしかこれまで伝授したことはありませんが、結果としてこの『インバウンドマーケティング』成果を得られなかった方はおりません

 

今回はこの『インバウンドマーケティング』理論とその応用を徹底解説するセミナーを用意してみました。あなたが別々に実行していることもあるでしょうから、それらを統合して成果を上げる方法もお話ししていきます。

 

もちろんゼロからスタートという方でも大丈夫です。何はともあれ最初の一歩を踏み出すことが大事です。この先をどのように進めて行くかがわかっていれば足元のあゆみも揺るぎないものになるはずです。

 

 

ちょっとした条件があります

 

今回のセミナーは、先日、2018年4月1日に開催した第1回の「インバウンドマーケティングセミナー」がとても好評だったことと、前回予定が既にあって参加を見送った方や平日夕刻の開催を望まれる方の声が私の元に届いたことから急遽開催する運びとなったものです。

 

ですから、募集開始からセミナー当日までが6週間ほどしかありません。また平日夕刻からの開催ということで、診療後の時間をやりくりしていただいてのご参加となる方もおいでと思われます。そういったハードルを超えて本気で取り組みたい方にのみ参加していただきたいと考えております。

次に、参加人数制限があります。質問がたくさん出る可能性が高いのでそれを考慮するとあまり多くにはできません。これも参加者全員に高品質な成果物をお持ち帰りいただくための配慮です。ご理解をお願いします。

 

 

 

歯科医師による歯科医院経営セミナー

近 義武の

「インバウンドマーケティング」で実現する

お金をかけずに集患の仕組み構築セミナー ver.2

 

写真(2013-07-10 10.54)

 

1540_32 インバウンドマーケティングとは

1540_32 ブログサイトの設置と構築の実際

1540_32  SNSそれぞれの特質と限界

1540_32 これだけわかっていればOK!医療広告規制

1540_32 集まる患者の質が上がる仕組み

1540_32 経営を安定化させるロードマップ

     …などを網羅

 

 

 

ドクターによるドクターのためのセミナー

 

ドクターがドクターのために、経営に関することを教えるセミナーはほとんどありません。
しかし、今回のセミナーは歯科医師の視点、院長の視点から構成したものとなっています。


また、学んだことはすぐにあなた自身の歯科医院で応用できます。
その結果、実際に行動してみて気付いた疑問や、新たな質問が生じた場合にはに対しても
フォローまで用意をしてあります。

 

 

このセミナーであなたが得られるものは…

 

1540_32 あなたの歯科医院にどんな施策が必要かわかります。

もし、あなたの歯科医院経営が滞っている、あるいは伸び悩んでいるなら、どこを改善するべきかがわかります。最も早く、そして最も大きな成果が期待できるポイントを探り出していきます。

 

1540_32 あなたの歯科医院の売上を上げるための考え方がわかります。

例えば東京から博多に行くとしても、飛行機、新幹線、寝台特急、高速バス、自家用車・・・色々な手段があります。さらに遠回りをしたり、別の手段を組み合わせることもできますあ。同じ目的でもどの道を選ぶかで目にする景色は変わるものです。

 

1540_32 あなたのステイタスが上がります。

あなた自身が患者から敬われるようになります。患者はあなたが多くの患者に支持されるようになるとそのことを敏感に感じて一目置くようになります。あなたの言動全てに対して患者は価値を感じるようになるということです。

 

1540_32 あなた自身のセルフイメージがはっきりします。

あなたがどんな歯科医師なのかが明確になります。あなた自身がやりたい事、できる事、患者に求められる事、そしてそれらの最大公約数の仕事がどんなものであるかをご自身が納得できるようになります。自問自答をするような診療とは完全に真逆の状況が目の前に開けます。

 

1540_32 行いたい診療を行う頻度が増えていきます。

  あなたが最も得意としている分野、積極的に行いたい診療を行う機会が増えます。どんな患者でもいいからとにかく集めるということも可能ですがオススメはしません。

 

1540_32 患者があなたの診療に敬意を表してくれます。

あなたの技術、あなたの人間性、あなたのホスピタリティなどを患者が認めてくれるようになります。あなたの価値を認めて、それに対して尊敬をしてくれます。患者にとっての唯一無二の存在は希少でもあり、あなたは患者から敬われるようになります。

 

1540_32 提供できる歯科医療の幅が広がります。

あなたが主軸とした診療分野もさることながら、それ以外の診療も患者の方から求められるようになります。あなたやあなたの歯科医院に対する評価が上がりますので、得意としていた分野、標榜している分野以外の診療も患者から求められるようになります。

 

1540_32 あなたが診療することの価値がわかってもらえます。

あなたの歯科医院や代診のドクター、スタッフの評価も上がりますが、なによりあなたの評価が上がります。あなたは近隣の中でも特に価値のある歯科医師となり、その診療は人気がでることになり、予約がとりにくいドクターになることができます。

 

1540_32 あなたの歯科医院がブランド化されていきます。

あなたの医院の差別化ポイント、希少性、歯科医師としての価値が知れ渡ってくるにつれて,あなたとあなたの歯科医院、さらにはスタッフまでもがブランドとしての輝きを発揮していきます。いわゆる好循環のサイクルに乗る形です。

 

1540_32 スタッフのロイヤリティが上がります。

素直な患者の割合が増えて、スタッフの指示や指導にも従ってくれるようになります。指示に従うということは当然良い結果につながりますから、スタッフが感謝される場面が増えていきます。それを意気に感じるスタッフにとってあなたの歯科医院は代え難い職場となっていきます。

 

1540_32 スタッフの労働意欲・学習意欲が上がります。

患者の反応が好意的になっていくことがスタッフの意欲を高める原動力になります。人は自分を認めてくれる相手に対して「何かをしてあげよう」という気持ちになるものです。スタッフにもそういう心の作用は働きます。あなたが学ぶ機会を用意してあげれば、積極的・主体的に参加するようになっていきます。

 

1540_32 リコール率・メインテナンスの継続率が上がります。

あなたが勧めるリコールやメインテナンスにもうるさがらずに応じてくれるようになります。メインテナンスの効用は、実感してみないとなかなか理解されにくい面がありますので、実感する前の患者に来院を促せるようになります。

 

1540_32 患者がアポイントを守るようになります。

 あなたの歯科医院は、しっかりとした治療をするが予約がとりにくいという評判が立つようになります。そのため、アポイントそのものの価値が高まり、患者はそのアポイントに対する、生活の中での優先順位を

上げることになり、時間通りにアポイントにしたがって来院するようになります。

 

1540_32 あなたやスタッフに好意的になる患者心理がわかります。

 初診時の患者があなたやスタッフに抱いている気持ちは個別にバラバラです。しかし、あるタイミングであることをすることによって、患者は徐々に好意的になっていきます。歯科医院内は全体的にアットホームな雰囲気となり、ストレスのない環境で診療に専念できるようになります。

 

1540_32 嫌われない歯科医院の仕組みがわかります。

患者は今までに複数の歯科医院に通院した経験を持っているのが一般的です。あなたやあなたの歯科医院は経験からいいとこ取りした歯科医院と比較検討をされています。その比較検討を生き抜いて、嫌われることなく通院を続けさせる仕組みがわかります。

 

1540_32 患者があなたに好意的になっていきます。

新患として来院してはみたものの、あなたに対して疑心暗鬼で警戒しているような、あまり気分の良くない患者がどんどん肯定的で好意的になっていきます。あなたはそのような患者に望まれて診療を行なえるようになります。

 

1540_32 良質な患者が増えます。

アポイントの変更を繰返したり、頻繁にドタキャンや遅刻をしたり、受付でごねたり、常識はずれの値引きを要求したり、度を超えたサービスを要求したりする厄介な患者が減って、素直で聞き分けがよく、アポイントをきっちり守ってしかも金払いが良いような、そういう患者が増えていきます。

 

1540_32 患者の持っている心理的な壁をすり抜けさせることができるようになります。

患者は歯科診療に対していろいろな心理的な壁を持っています。代表的なものは痛みや料金への不安です。それらを説き伏せることなく壁を無効化してしまえるようになります。患者にとっては精神的な苦痛が減じるため、あなたの医院が通いやすい医院になります。

 

1540_32 売上を自在に調整できるようになります。

売上の調整ツマミがどこにあるのかがわかるようになります。あとはあなたが望む結果が得られるように調整をしていくだけです。どんな患者をどのタイミングでどれくらいのボリュームで集めるのか?全てあなたの一存で決められます。

 

1540_32 最初の1歩目をどこにすればリスクなく導入できるかがわかります。

今回の内容は再現性のある形でお届けします。従って、実際にあなたの医院に導入する際にもスムーズに導入が可能です。ノウハウとマインドセット(考え方)の両方が揃っているからこそ可能になっています。

 

1540_32 患者は「丁寧な説明」で納得しているわけではない理由がわかります。

どんなにあなたが言葉を尽くして、わかりやすく説明したとしても、必ずしも患者が納得をするわけではありません。納得するということにはあるプロセスと条件が必要なのですが、それらをクリアして患者を納得させる方法がわかります。

 

1540_32 保険制度や課税制度の改定が怖くなくなります。

現在、日本国家の台所事情は非常に厳しい状況です。医療提供者側(我々ですね)が保険制度の大幅プラス改定を勝ち取ることは財源不足でほぼ絶望的です。また、特別措置法26条は毎年のように廃止が俎上に上がります。これらにビビることなく歯科医院を経営し続ける自信を持つことができます。

 

1540_32 勝ち組歯科医院と負け組み歯科医院の小さな違いと大きな結果の差がわかります。

少し前までは勝ち組2割、可も不可もないが6割、負け組2割といわれていました。今では勝ち組5分、可も不可もないが1割5分、負け組が8割という人もいます。そこまで極端ではないでしょうが、2極分化はさらに進んでいるとみていいでしょう。その勝ち組と負け組のほんの僅かな違いが理解できます。

 

 

 

今回はこれら全てを公開します

 

 

セミナーの参加費用

 

今回のプログラムはこれまで一部の上位クライアントにしかお話ししてきませんでした。セミナーという形式でお話ししたのは前回開催の「インバウンドマーケティングセミナー」が初めてのことです。

 

クライアントとは私とコンサルタント契約を結んで、一定期間「歯科医院経営」についてのアドバイスを私から受ける院長先生たちのことです。

 

そのときの私のコンサルタント料金は1時間で25万円です。ノウハウの価値としては非常に大きいものだということはおわかりいただけると思います。セミナー当日は休憩時間を除いても4時間以上、「インバウンドマーケティング」についての話をしていきます。それだけでも75万円以上の価値ということになります。

 

そしてアドバイスをしたクライアントとともに実践し、成果は実証済みです。最新のマーケティングを歯科経営に向けてモディファイして最適化もしてあります。構築するまでに費やした費用は各種のセミナー参加費用だけでも1000万円を越えています。

 

これらのことを考え合わせて、今回の参加費用は¥160,000でお願いしたいところです。

しかし、今回は個別のセッションではなく『セミナー』です。また、経営を真剣に考えていただいている方に参加していただきたいという思いもあります。いろいろ考えた末、このプログラムをほぼ半額の¥89,980で提供することにいたしました。

 

これでも高額にお感じでしょうか?しかし、この金額であなたが理想とする診療も含めて、選択する自由が手に入るとすれば、費用対効果としてはどうでしょうか?

 

決して高くはないはずです。実際に「費用が高い」というのはかかった費用に対して効果が低かった場合のことです。10,000円の費用をかけて8,000円分の効果しかなければそれは「高い」ですし、500万円の費用をかけても800万円分の効果があればそれは「安い」ということです。

 

 さらに、今回はスペシャルボーナスを用意しました。

 

スペシャルボーナス

 

(1)メールコンサルティング権

  • セミナー終了後 6ヶ月間 無制限

講座の内容について、また実践した際の疑問や質問について無制限にメールにて受付けます。

セミナーは一方通行になりやすいものですが、学んだノウハウ・ドウハウを不安を感じることなく実践していけます。

 

このような無制限のメールコンサルティングサービスは、通常であれば毎月3万円を請求しております。

今回は6ヶ月間となりますので、18万円相当ということになりますが、これを無料で提供いたします。

 

 

2)復習用動画

セミナー当日に撮影した動画を編集し、復習用にいつでも見られる状態で参加者だけに公開いたします。このような動画はハイライトのみを抜き出して、DVD等に加工して販売するのが通例です。金額的には3〜5万円での販売となるでしょう。こちらも無料で特別公開いたします。(学んだノウハウ等を確実に実践していただきたいので、こちらの公開もセミナー終了後6ヶ月間とします。)

 

 

今回に限り

 これらのスペシャルボーナスを特典としてすべて無料でおつけします。ですので、

 

コンサルタント4時間分の費用:¥750,000  

メールコンサルティング権:¥3,0000 x 6ヵ月: ¥180,000  

復習用動画:¥30,000  

 

 

実に、¥960,000相当となります。

 

この値段を支払って、ノウハウを手に入れておられる方が実際においでですので、今回のプログラムの参加費用をあまり安くすることはできません

 

しかし、先ほどお話しした通り、今回は個別セッションではなく「セミナー」です。真剣で積極的な方に参加していただきたい・・・

熟慮の末、この「セミナー」には¥59,980をお支払いいただくことで参加可能にしました。

 

 

ところで、

 

私はあなたにとても感謝をしています。なぜなら、ここまでこのレターにお付き合いいただいたからです。

そのお礼と、勉強熱心であることが間違いないあなたなら、このプログラムでもしっかりと成果を出していただけるであろうとの期待を込めて、さらに値引きをさせてもらいます。

セミナー参加費用を¥49,980にいたします。

 

 

さらに、普段はつけませんが…

 

ここに書いてあることが本当であれば、価格が安いのはわかる。
でも、初めてなので本当かどうか不安だ・・・と感じられるかもしれません。

そんなあなたのためにお約束をさせていただきます。

 

 

内容が役に立たなければ無条件で返金します

 

セミナーに参加し、全部を聞いた上で「全く役に立ちそうにない」と感じた場合、会場の係員にその旨お伝えください。 セミナー代金を後日返金いたします。

 

なお、私たちがお伝えしたことのどこに問題があったのか、チェックをさせていただくために、アンケートにはご協力をお願いいたします。
(アンケートの結果で返金をする・しないを決めることはありませんのでご安心ください。)

 

さらに、私は決断の早い方が大好きです。そういう方には重ねて値引きをさせていただくことにします。

 セミナー実施日の2週間前(5月16日(水))の日付が変わるまでにお申し込みいただいた方に限り、

 

セミナー参加費用 ¥49,980 →¥ 39,980

5月17日以降のお申し込みの方は¥49,980とさせていただきます。

 

 

 

 

受けさえすれば確実に成功できる?

 

これまでいろいろとこんなことが実現できる、あんな状態になれるという話をしてきました。しかし、正直に言ってこのセミナーに参加していただいても、あなたの成功を約束するわけにはいきません

私はこのセミナーでやり方を教えたり、歩む方向を正すことはできても、実際に行なうのはあなただからです。

 

私はあなたに地図を渡して、現在地とゴールを示します。コンパスその他、必要なものを教えます。歩くべき場所、走った方がよいところ、電車やバスが使えるところの案内をします。しかし、実際にゴールに向かって歩んでいくのはあなた自身です。

 

 

つまりこのセミナーはゴールへと導くコーチのようなものです。どんなにコーチが叱咤激励しても選手が行動をしなければ決してゴールに到達することはできません。ですから、このセミナーに参加したからといって確実に成功すると約束ができないのです。

 

それでも、もしあなたが歯科医師として、また1人の人間として、人生をもっともっと充実させたいけれど何から始めたらいいかがわからない・・・そういう状況であればこのセミナーはきっとあなたの有能なコーチとなるに違いありません。

私と私のクライアントたちの実績がそれを証明しています。

 

 

 

参加人数に制限があります

 

すでにお話ししていますが、少人数制となっています。従いまして、このセミナーに参加を希望されても、全ての方が参加できるわけではありません

 

セミナーの品質を一定以上に維持していくためには、人数をある程度制限しなくてはならないのです。無制限に人数を増やしてしまうと私のキャパシティを越えてしまいます。

 

きちんとした成果物をお持ち帰りいただくためにも参加人数は10名までとさせていただきます。

 お申込み多数の場合には先着順とさせていただきます。

 

満席によりお断りする可能性もございますので、受講をご希望の方は早めのお申し込みをオススメいたします。

 

また、このような状況ですので、プログラムに従ってしっかり行動しようという気のない方ノウハウだけに興味がある方教材が手元にあるだけで満足な方などは貴重な席ですので、この際、お申し込みはご遠慮下さい。

 

 

 

 

 

「インバウンドマーケティング」で実現する

お金をかけずに集患の仕組み構築セミナー

 日時:平成30年5月25日(金)  18時〜21時

 場所:東京  (会場の詳細は申込者のみにお知らせします)

 講師:近 義武

 席数:10席  5席      歯科医師が監修する経営セミナー

 

 

無料スペシャルボーナス

 

 メールコンサルティング権  (6ヶ月)無制限         18万円相当

 復習用動画  参加者限定のシークレットサイトにて限定公開     5万円相当

 

参加費用:¥49,980

    (5/16までの申込みにかぎり¥39,980

 

 

 

 

行動するべきときが来ました

 

  正直に言って、これはかなりお得なオファー(提案)です。この機会を逃さずに、今すぐ申し込んで下さい

  現在のあなたは過去のあなたの決断と行動からできています。将来のあなたは現在のあなたの決断と行動次第です。

  思っているだけでは何も変わりません。将来をかえるチャンスです。今回以上に有利なオファーは今後ありません。あなたのお申し込みをお待ちしております。

 

 

 

 

我々は歯科医師です

 慢性的にじんわりと抑圧されている不遇や、徐々に積み上がっていくフラストレーションは、知らず知らずのうちに理想のビジョンを忘れさせます

  あなたがかつてイメージした診療や人生を1度も味わうことなく時だけが無為に過ぎてしまうような、重大な結末を迎えることにもなりかねません。

 

 

  これから先も、不安を抱えたまま思い通りにならない診療を続けるのですか?気のきかないスタッフや対応したくない患者と付き合うのはもう飽き飽きしていませんか?

  アポイント帳をみて憂鬱になるばかりで、最新の知識や技術の習得、設備投資にお金と時間を費やしても、それに見合った収入を得ることもできない・・・

  あなたが目指したのはそんな歯科医師ですか?

 

 よく考えてみて下さい。

 

 

 

 

 

講師    近 義武 プロフィール

 

写真(2013-07-10 10.54)

Intellectual(インテレクチュァル)代表

ヨシタケ歯科診療室 院長

 

 

 

 “患者の来院頻度の最大化・最適化およびその継続による高収益安定経営”に特化し、歯科医院の院長をサポートして業績アップに導いてきた『幸せドクター養成コンサルタント』

 単なる売上げアップではなく、いかに院長の手元に利益を残すのか、働く時間を減らして院長の時給とステイタスを高めていくのか、そこにこだわりを持っている。

 

 本人自身も歯科医師として長年臨床の現場に立ち、また院長として歯科医院経営の指揮をとってきており、医療従事者と経営者を同時にこなす葛藤をイヤというほど経験してきた。

 従事者1人あたりの収益2千万円超えの実績と経験を役立たせるべく、請われて始めたコンサルティングに充実感と使命感をいだくようになった。

 

 厳しい医院経営の現状と、世間の持つ「金持ち歯科医師」のイメージとのギャップ…、患者やスタッフにふり回されて、思うような診療ができない悔しさ…、それでも矜持を持って診療を続ける、ある意味孤独な院長先生の一助となりたい…。

 開業医はもっと報われてイイはず…、ドクターの社会的地位を引き上げたい…、真面目で腕のいい歯科医師こそ成功してほしい…、幸せで愛されるドクターになってほしい…。そんな強い思いから現在は、コンサルタントとしての活動に重きを置いて取り組んでいる。

 

特に、歯科医療の特殊性をふまえた、

・歯科医学的妥当性を保ちながら患者の来院頻度を最大化するステップ構築
・患者心理に基づいた信頼構築からのファン化と院長ならびにスタッフのステイタスアップ

・売り込まなくても高額診療の成約率が上がって、しかも患者には感謝される仕組み作り

などを得意としている。

 

論理的な分析に加えた独自の視点から導かれる問題点の抽出と、その問題を解決するために

誰もが実行可能なノウハウ・コンサルティングには定評がある。

 

ちなみに社名Intellectualは『自ら得た知恵』という意味。

自分自身の価値観に従って、人生も診療も選択できる自由を獲得する知恵を提供します。

長野県生まれ 東京教育大学(現筑波大学)付属中学校、同高等学校卒業 
1989年  日本大学歯学部卒業(歯学士取得) 
1997年  東京都江東区にてヨシタケ歯科診療室開設 

2012年  Intellectual設立
・ 日本歯科医師会会員 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー 

Copyright (C) 2018 Intellectual All Rights Reserved.